名義変更での必要書類

名義変更について必要書類も必ず理解しておいてください。
まず名義変更の流れとして、車庫証明を取得します。
こちらは、近くの警察署での入手が可能であります。
次に手続きを陸運局でします。
その時に必要な書類は、売却側としては、印鑑証明書や譲渡証明書や委任状(所有者が行うことが基本です。
売却側が買取店やディーラーの場合お店が行うことが多い。
用意をしてくれる場合が多いので用意された委任状に捺印を押すだけです)や国土交通省が定めている自動車検査にパスした時にだけ交付される車検証や自動車税納税証明書や自賠責保険証や自動車リサイクル券です。
車の買取側は発行日より3か月以内の印鑑証明書が必要になり、その他に発行日から1か月以内の車庫証明書が必要になったり手数料納付書だったり、実印や移転登録申請書また自動車税や陸運局の近くにある自動車税事務所で取得することができる自動車取得税申告書が必要です。
住民票は必要である場合だけに用意します。
普通自動車と若干違いがあるのが、軽自動車の場合です。
新しい所有者の住所管轄する軽自動車検査協会の事務所か支所で手続きできます。
必要な書類としては、自動車検査証記入申請書や住民票や印鑑証明書や車検証やナンバープレートや自動車取得税や軽自動車税申告書の5つの書類が必要になります。
軽自動車は、普通自動車と比較すると少ないので書類集めは普通自動車に比べても書類を集めることは安易にできます。
このように車売却の際には色々な種類が必要になります。
不足が必要書類にあれば車売却はできません。

買取時の流れ

買取の流れとして最初は査定から始まります。
査定を複数の買取店でするのが、高く売却するコツです。
査定をお店に持込んでしてもらうのも良いですが、複数の場合時間がかかり過ぎてしまいます。
間違っても中古車下取りには出さないでください。
インターネットで一括査定申し込みサービスを利用する事ができます。
便利ですので利用してみてください。
査定サービスより一括査定申し込み後にご連絡が入ります。
日程調整を現物の車を査定するためにおこないます。
都合の良い日を設定しましょう。
お店に査定日に持っていき査定をしてもらいます。
ここで複数のお店から査定をしてもらい高い査定額のお店に買い取ってもらいましょう。
買取店が決定しましたら売却日の決めることになります。
買取店によってはその日に引き取りをしてくれるところもあります。
売却日は自分の都合が良い日にしましょう。
買取店が必要な書類は指示してくれますので、言われた通りに書類を用意します。
またその他に、印鑑、印鑑証明、車検証、自賠責保険証が必要になりますので用意します。

売却日の後日に車売却の代金は指定口座に振り込まれるのが一般的です。
大まかな流れは以上となります。
買取額を少しでも高く査定をしてもらいたいなら、一括査定で多く買取店で見積を取ってもらうのがよい方法です。
お店側もやはり競合をさせれば高く査定をしてくれます。
少しでも高く査定をして貰うためにも面倒くさがらずに複数の買取店で多く査定をしてもらうのが重要なポイントです。

更新履歴